コオイムシ

コオイムシ科
学名 Appasus japonicus 
和名 コオイムシ
特徴 全体的に淡褐色。♀が♂の背中に産卵し、孵化するまで♂が卵を保護する。 
撮影 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

[Memo]

オオコオイムシに類似します。生息環境(オオコオイムシは山間部)から本種と同定しました。自然教育園で確認されているAppasus 属は、コオイムシのみ*

*国立科学博物館『自然教育園データベース』